? 小児科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 小児科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



小児科の新人看護師の転職

少子化が進行中であるとはいえ、その分子ども一人に対しての保護者の意識は高くなっているのが現代です。小児科の看護についてはさまざまなイメージがありますが、重要視しなければいけないのは保護者への対応です。実際の治療、看護に加えて保護者の方に対して適切な応対が求められる仕事であることを意識しておかなければいけません。我が子の体調に異変がある状況での保護者は、その症状が理解できないものであるほど冷静でないことがありますので、そのような方に安心してもらえるような対応を行う必要があるのが特徴です。

また、治療に対して怖がる子どももいます。注射が怖い、点滴が怖いという子ども、病院という環境が怖いという子どもいます。そのような子どもをなだめることも求められる仕事ですので、根本的には子どもが好きでなければいけませんし、自身の症状を正確に語ることができないこともあるため、様子から病状を類推するなどの対応が求められるケースも多分にあります。そのような意味では一般病棟よりも多くのスキルが求められることが多く、子どもに囲まれた明るいイメージだけがすべてではない現場であることは間違いありません。

保護者の方とのコミュニケーションを通じて子どもにとって適切な家庭環境、生活環境をしっかりと伝えていくことも仕事のうちになります。自身よりも年齢が上の保護者の方に対してしっかりとアドバイスできた瞬間、理解してもらえた瞬間、看護師としての自分に対して自信を持つことができるようになりますし、担当した子どもが回復したときの保護者の方からの感謝の言葉など、励みになることもたくさんあります。適切な処置と観察力、そしてコミュニケーション力と、看護師として求められる総合力が磨かれる仕事です。

子どもの絶対数自体は減少していて、小児科自体が衰退しつつあるような印象があるものの、求められている医療のレベルは年々高くなってきています。また、子ども対しての高度な医療体制を維持し続けることができなければ、ますます子どもを作ることに対しての不安要素になってしまうということからも、より高い水準の小児医療体制が求められています。新しい世代の人材育成は医療界全体の課題ではありますが、その中でも小児科は将来少子化を少しでも解消する後押しになるための存在として、新人教育が手厚いフィールドでもあります。特に子どもの扱い、保護者の方とのコミュニケーションは経験を重ねることでしか磨くことができないため、新人看護師の採用機会は比較的高いといいえます。子ども好きという方は是非チャレンジすることをオススメします。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★