? 消化器外科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 消化器外科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



消化器外科の新人看護師の転職

消化器外科の看護業務は覚えることが他の診療科よりも多くなるのが特徴です。対象とする患者の方が抱いている症状も多岐に渡り、重症の方からすぐに治るような軽度の症例までさまざまなレベルのケースを看護することになります。消化器系の疾患にはガンなど重大なものも含みますので、術前術後の治療に関して幅広い知見が求められるため、新人看護師の方は覚えることがとても多いです。基本的に症例単位で、実際に触れ合う患者の方のケースから学んでいけば問題ないのですが、多忙になってくると悠長に勉強している余裕もなくなってしまうため、多くの場合では事前に学んでおくことが求められます

重大な症例の中でも多いのが消化器系のガンで、日本ではガンの半数ほどが消化器系のガンになっているほどで食道から腸に至るまでさまざまな部位のガン患者の方に対しての看護を行う機会はとても多いです。消化器系は近年ではそれぞれの部位に関しての専門医が付くほど特化した治療が行われていて、看護に関しても専門的な対応を求められるケースが多くなっています。予め勉強した内容と現場で求められていることを照らし合わせながら、着実に経験を重ねていくことが大切になります。

消化器系は人間が活きるために必要なエネルギーを摂取する上で必ず健全でなればいけない部分です。食べたものをしっかりと消化吸収して排泄するという当たり前のようなことができなくなるだけで、すぐに人の身体は弱っていくことになります。治療の際にも完全に回復するようにしなければ、日常生活に支障を残したままということになりかねないデリケートな分野です。そのため看護に関しても細分化されたハイレベルな知識とスキルが求められ、新人看護師の方にとってはやや入り込みづらい印象を抱いてしまうことも多くなっています。

ただ、治療に際しては専門医が多くなってきていることもあり、ドクター単位で受け持ちを変えることも多くなってきていて、それぞれの知見から適切な看護の指示を受けることができるような環境に変わってきています。症例自体も減ることがなく、高い水準の需要がある状況が続いているため、新しい世代の看護師を育てるということは現場の命題にもなっています。覚えることが多くて大変そうだ、と不安を感じている方は、そのような不安を払拭できる研修体制が整いつつあることを知れば、少しは安心できるはずです。看護師としてのやりがいをとても多く感じることができる消化器外科は、早い段階で一度はチャレンジしたい診療科です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★