? 心療内科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 心療内科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



心療内科の新人看護師の転職

心療内科と精神科の違いに関して改めて整理しておくと、心療内科が取り扱うのは心因性の身体疾患であるという点です。精神科では目には見えない症状を相手に治療を行うことになるのですが、心療内科ではストレス性胃腸炎など、明らかな症状として発症した症例を取り扱います。患者の方は身体的な症状と、その原因になっている精神的な負荷の両面から苦しんでいることになります。新人看護師の方は精神科よりもこちらの心療内科の方がまだ取っ掛かりとしては働きやすいといえますし、精神科へ転身する前段階として、心療内科での看護を挟むというキャリアプランは有効です。

看護師としての仕事の内容は一般的な内科に通じるところもあります。心因性で発症しているその症状自体をまずは治療する必要があるからです。もちろん、根本治療に関してはその症状の原因になっているストレスを解消することが必要になるのですが、それまで内科などで経験してきたことをそのまま役立てることもあり、看護師としては仕事内容に実感が湧きやすい仕事です。ただ、やはり原因は心の障害にありますので、そのようなことを治療するケアも求められます。心身症では患者の方が置かれている社会的な環境が根本であることも多いため、ただ看護するだけではなく、精神的なケアで症状の根治を目指すことになります。

精神面での問題をケアしていく点においては、心療内科も精神科も共通した部分が多いです。心療内科に通う方は社会生活を続けながら治療を行っているケースも多いので、ただの投薬だけではなく、身体症状として現れるほどの精神的負荷が素患者の方の日常にあるのではないかということをしっかりと見極め、解消出来るようなアドバイスを行うことが治療になります。時にはカウンセリングのような診療が求められますし、看護体制おいても少しでもストレスを緩和出来ることが必要です。

精神科と並んで現代生活で必要とされている診療科ですが、精神科の場合はすでに正常な生活を失ってしまった入院患者の方を相手することもあることに比較すると、心療内科は社会生活を続けながら治療するケースが多いです。どのような環境でもストレスに感じることは多々ありますし、現代社会はストレス社会といっても過言ではありません。そのようなストレスで体調を崩してしまった方に対しての医療体制は、近年急速に拡大されています。メンタルケアの深い部分に興味がある方に対してはとてもオススメ出来る診療科です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★