? 産婦人科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 産婦人科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



産婦人科の新人看護師の転職

産婦人科での仕事を志す新人看護師の方の動機としては、新しい命の誕生の瞬間に関わりたいということなどが挙げられます。経験がない新人の状態で、産婦人科で働くことに関してはまったく問題がないといっても過言ではありません。仕事の内容はすぐに覚えますし、患者の方は当然妊婦の方ばかりですから、ストレスを与えることのないよう、また不安を与えないように落ち着いた環境、余裕を持った体制で運営されているケースが多いです。そのような環境で一から再スタートしたいという希望も歓迎されることが多いです。

仕事を進める上で重要なことは、助産師の資格がなければやってはいけないことがあるという点です。そこは明確にラインが引かれていますので、迷ったら即座に指示を仰ぐことが必要です。助産師としてしか関わることができない分野以外では、看護師もほぼすべての領域に関わります。妊婦の方に授乳指導も行いますし、産前産後の不安に対してのアドバイスも求められます。もちろんまだ出産の経験がない場合は実感を伴った返答を行うことはできませんが、いくつからのケースに関わることで、おおよそ同じような悩みを抱く方が多いということがわかってきますので、自然と安心を与える返答を行うことができるようになります。

仕事内容に関しては一部外科の範囲も含まれます。急性期治療も行いますし、帝王切開の場合は手術の助手も行うことがあります。特化した領域であるとはいえ、看護師としての基本的な能力は高いレベルを求められることになりますし、産婦人科での経験は将来別の診療科に転身した場合にも役に立つことが多いです。ただ妊婦の方の相談を聞く、世話をする、というイメージだけ持っているのであれば、それは正しくはないので注意が必要です。

歓迎される要素として、目標として将来は助産師の資格を取りたいという展望を抱いている方は採用される可能性が一気に上がります。少子化に伴って助産師が活躍できるフィールドが減ってきているという印象が世間にはあり、実際に新たに助産師を志す方が減ってきています。そのような状況ではますます子どもを産み辛い社会になってしまいますので、憂慮すべき事態とされています。看護しても助産師としても活躍できる人材は、そのような現状にとってはとても大切な存在ですので、職場を挙げて応援してくれるケースが多くなっています。子どもが誕生するために絶対に必要な産婦人科への志望は、将来を視野に入れた動機であればとても叶いやすい状況です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★