? オペ室の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 オペ室の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



オペ室の新人看護師の転職

医療の中でも直接人体に対して処置を施す手術は、長い歴史を持つ外科の基本的な行為であり、物理的に患部を切除したり、修復したりするとても高度な現場です。オペ室の看護師に求められることは、手術が適正に進行するようにサポートすることであり、ドクターに都度適切な手術器具を渡すことに関しても、ただ指示を待つだけではなく、手術の進行を把握して、次に必要になる器具を予測していることが大切になります。もちろん、いきなりそのような重要な役割を果たすわけではなく、少しずつ経験を重ねて、ドクターのパートナーとしてしっかりと役割を果たすことができるようになることが重要です。

手術は長時間に及ぶことも度々あり、体力的にも厳しい状況で行う必要がある場合があります。自身の体調管理が問われる局面でもあり、食事や排泄を長時間行うことができないというケースもあるため、馴れるまでにはある程度場数を踏んでいくしかありません。概念としては清潔と不潔の区別がしっかりとついていることが大切で、人体を直接開く現場では少しの不備も許されないことになります。厳しい現場ではありますが、確実な仕事が求められるため、新人を受け入れることができるオペ室はしっかりとした教育体制が整っているということでもありますので、学ぶ姿勢をしっかりと持っているのであれば、しっかりと成長することができます

手術はリアルタイムで進行します。そのため、関わるすべてのスタッフとしっかりとしたコミュニケーションが重要になる現場でもあります。医療用語に対しての理解はもちろんのこと、指示されたことに対してまごついてしまっては全体の進行の妨げになることもありますから、常に緊張した状態での仕事になり、神経的にも疲れてしまうこともあります。ただ、それでも看護師の中で人気が高いのがオペ室で、やはり医療の最前線、治療の最前線であるという意識があるためです。手術が成功したあとに明らかに回復していく患者の方と接することで、医療の持つ力を実感することもできます。

新人とはいえ、オペ室勤務の場合ある程度の看護スキルは身につけておいた方がよく、独特な現場であるためにオペ室の後に一般病棟に転属すると少し違和感を覚えることもありますが、急性期医療拡大の観点からもオペ室の人材を拡充することが求められているため、キャリアの浅い方が参入しやすい状況になりつつあります。高い目的意識を持った方は是非チャレンジすることがオススメできる分野です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★