? 麻酔科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 麻酔科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



麻酔科の新人看護師の転職

麻酔科は外科的治療には欠かせない存在であり、手術の際などには麻酔科医が患者の方に付きっきりになって状況をモニタリングすることになります。麻酔自体がとても高度な知識を必要とする分野であり、専門的なフィールドではあるもの、麻酔科の看護師はオペ室の中に立ち入ることはほとんどありません。オペ室は専門の看護師が付くため、麻酔科看護師のフィールドではないのです。麻酔科での看護の仕事に関してのイメージを明確に抱くことができている新人看護師の方はあまり多くありません。どうしても手術と密接に結びついたイメージが強く、それ以外の活動に関しては世間的にもあまり知られていないのが実情です。

実は、麻酔科が普段患者の方に接するのは手術の時だけではありません。ペインクリニックという言葉をご存知でしょうか。ペインクリニックでは辛い痛みを緩和するために神経ブロックなどを行い、ストレスとしての痛みを和らげる治療を行っています。確かに痛みは身体が発している異常のサインではあるのですが、すでに症状を理解していて、治療に差し掛かっている場合、早くその苦痛から解放されたいということは、多くの患者の方が希望することです。ただ、治療が長期化するような場合ではどうしても痛みが長期化してしまい、ただのストレスになってしまうケースが多く、そのような場合にペインクリニックでの処置を受けることになります。

麻酔科での看護の仕事としては、このペインクリニックでの仕事が多くなります。このフィールドでは患者の方がどのような痛みを抱いているのかを的確に汲み取るコミュニケーションが必要になります。また、神経ブロックなどの処置に対して不安を感じる方も多くいらっしゃいますので、そのような方に対して安心のできる説明や対応なども求められます。患者の方とのコミュニケーションよりも医師のサポートの方が多いのではないかというイメージを持つ方が多い麻酔科ですが、このように患者の方と深くコミュニケーションすることも多いフィールドです。

痛みを和らげるためのペインクリニックでは、治療を受けた方の処置前後での表情がまったく違います。痛みというものはとても大きなストレスになるもので、そのようなストレスから解放するためにとても重要なポジションである麻酔科での仕事は、そのような多くの方の悩みを解消することでもあるので、とてもやりがいがあります。また、ペインクリニック自体も今後はさらに一般化していくことが予想され、新人看護師の今後のキャリアとしても意味のある仕事であることは間違いありません。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★