? ICUの新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 ICUの新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



ICUの新人看護師の転職

ICUでの看護は新人では務まらないのではないかと懸念している看護師の方は多いようです。確かに特殊な環境であることは間違いなく、抱えている責任の大きさもイメージしやすいことから、新人時代からICUを目指すのは無謀かもしれないと感じる気持ちは理解することができますし、共感する方も多いはずです。実際に病院によっては一般病棟での看護経験を経てからICUへの配属希望を汲み取る場合などもあり、そのような事実がレベルの高いものとして捉えられる原因にもなっています。

ただ、レベルが高いだけではなく特殊であるということを念頭に置いておく必要があって、看護師としての基本的なスキルがあれば、新人でもICUで働くことは可能です。そもそも一般病棟での経験がICUでの仕事に活きるということではないという点を意識しなければいけません。新卒の段階でICUへの希望を飲まない病院では、その理由として社会人として必要な教えを施す余裕がないというだけです。つまりICUに配属になる前に経験を積まなければいけないのは看護師としての基本的なスキルを身につけると同時に社会人としてある程度成長しておいて欲しいからです。ICUでの看護はまったくの別物、配属されてからは1からのスタートです。

それは中堅以上の看護師でも同じことで、どれだけ他の診療科で経験を重ねたとしても、ICUではほとんど役に立つことはないというほど特殊な環境です。加えて24時間体制で急性期医療を支えるわけですから、仕事もハードです。その分、体力的にも余裕がある若いうちに経験しておく方が良いという点では、新人の内からICUで看護経験を積むのは将来に対してもとても有効なことです。医療の最前線、命を支える医療の要でもあるので、看護師として高い意識を持つ方が希望することが多いです。

現在では急性期医療に対しての需要が逼迫しています。救急車の受け入れ問題が少し前社会問題として扱われていましたが、その一因として重篤な方の経過を見守るICUが備わっていないという状況がありました。そのため、それまでICUを備えていなかった病院も改めて設置するなどの動きが活発になっていて、看護師の需要も高まっています。社会人としてある程度成長できたという方は是非チャレンジしてほしいフィールドですし、元気のある若い世代が待望されていることも間違いありません。仕事はとても忙しいものになることは確実ですが、その分やりがいはとても大きく、キャリアとしても大きなターニングポイントになる可能性が高いです。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★