? 放射線科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 放射線科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



放射線科の新人看護師の転職

放射線科では主に検査が行われています。看護師としての仕事は主にそれらの検査に対する補助です。特徴としては取り扱う機器にはMRIやレントゲンなど、専門的な検査機器があるということです。それらはとても高価なものであるため、頻繁に入れ換えられることはありません。一度それらの機器のことを覚えておけば、ある程度長い期間同じものを用いることになりますし、新しい設備でも基本的な機能や使用方法は同じになりますので、その後も活かすことができる知識になります。

実際の検査機器を操作するのは担当医の仕事になりますので、看護師が行うのはそのサポートです。用いる検査機器は検査を受ける方がしっかりと正しい体勢を取らなければ適切な結果で出ませんので、そのサポートを行うことが多いです。また、そのようにして検査した内容を記録していくのも看護師の仕事です。比較的落ち着いた環境下での仕事になりますから、新人のうちからでも働き始めることは可能ですし、検査機器に関しての知識や検査の流れ、記録の方法などは中堅以上であっても簡単には習得することはできません。そのため、看護師の経験が採用を左右することはあまりないのが実情で、新しいキャリアを形成するためには放射線科はチャレンジしやすいフィールドであるともいえます。

医療全体の中での立ち位置としても今後ますます重要性を増していく分野であることは間違いなく、さまざまな治療の基礎データとして検査を受け持つことになります。また、人間ドックなどを行っているクリニックの場合は一日に何人もの方を相手する場合などもあり、経験を重ねるとそのようなフィールドからの引き合いもあります。人間ドック、健診を専門にしたクリニックや診療所も数多くあり、各保険組合、企業などの健診を一手に担っていることが多く、放射線科での検査サポート経験はそれらの分野で大いに活きるものです。

また、がんの放射線治療なども行います。がん治療に関わる看護師の育成は医療界の課題になっているのですが、放射線療法看護認定看護師という認定制度が設けられています。このような専門分野を目指すことも可能になり、ただ検査のサポートだけではなく、今後ますます重要になってくるがん治療に関して重要なポジションを担う看護師になることもできます。あらゆる分野で放射線科の重要性が増しているため、経験をしっかりと積んでおけばその後のステップアップがとても有利になることは間違いありません。新人でも中堅でも覚えることに変わりはないので、看護師キャリアの早期段階でチャレンジしておくことをオススメします。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★