? 泌尿器科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 泌尿器科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



泌尿器科の新人看護師の転職

泌尿器科での看護師の仕事は外科や整形外科など同様多岐に渡ります。腎臓から膀胱、一連の排泄機能に関する疾患、さらには前立腺に関する疾患を受け持つ科であり、男性患者の方が多いのが特徴です。そのため男性看護師が多いという状況になっていることが多々あり、職場の雰囲気はとても明るく、働きやすい環境になっていることが多々あります。女性患者の方は全体の1割から2割り程度と考えておくとほぼ間違いありません。泌尿器科で取り扱う症状の中には、糖尿病や心臓の病気の二次的な疾患として腎臓に不具合を起こした方も多く存在しているので、取り扱う疾患に対しての知識だけではなく、関連した分野の知識も求められることになります。

泌尿器科が人工透析などを担う場合もあり、その場合は透析時の処置などを正確に把握しておくことも大切です。透析を実施する場合、通う方にとってはその治療を日常の生活に組み込むことになります。安心してしっかりと透析を受けることができるような環境づくりも心がける必要があります。透析病床を設けている場合は、朝早くから夜遅くまで行っていることが多いため、シフト制で交代していくことになります。

個人開業のクリニックが多いことも特徴のひとつで、その理由としては泌尿器科に通院すること自体がやや恥ずかしいと捉える方もいて、そのような方に対しての配慮、プライバシーを守る取り組みなどがあれば、総合病院よりもそちらを選ぶ患者の方が多くいるからです。手術を行うこともあり、病棟での治療を続ける場合もありますので、ごく専門的な分野ではありますが、看護師として多くのことを経験できるため、将来的に他の診療科へ転身したい場合でも、基本的な看護師スキルをしっかりと蓄えた状態であれば選択肢が広がるということになります。

個人クリニックの場合は地域に密着して人工透析を受け持っている場合が多く、そのような環境では決まった患者の方を相手することが多くなります。また、地域に密着した医療は今後もますます求められていくことになりますので、透析が可能な小規模病院はこの先も増えていくことはほぼ間違いありません。泌尿器科での看護師経験があればそのように複数のクリニックから希望するところを選びやすくもなりますし、看護師としての総合力と高い専門性を早期に身につけておくことは、その後のキャリアにとってもとても意味があります。また、泌尿器科の募集自体は比較的多いので、新人看護師のうちからでも働き始めやすい分野です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★