? 皮膚科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 皮膚科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



皮膚科の新人看護師の転職

看護師として皮膚科で働くメリットは、日勤が主になるという点です。総合病院でも専門のクリニックでも夜勤で働く必要がある職場はあまりありません。自分の時間を大切にしながら、メリハリのある生活を送りたいという方にとっては最適な職場です。残業も少ないため、仕事の時間をしっかりと計算し、アフターファイブに予定を入れることも可能ですが、ただ楽なだけの現場ではないということをしっかりと認識しておく必要があります。皮膚科看護師として押さえておかなければいけない知識がもちろんありますし、皮膚科への通院が必要になっている患者の方への配慮も独特のものがあるため、意識する必要があります。

皮膚科で治療を行う症例のなかには感染性の疾患もあります。院内感染などの事故が発生しないように配慮するため、その症例に対しての適切な知識が求められることが多いです。また、治療のために処方する薬に対する知見も問われることになります。どのような用法、用量で使用するものなのかということを、改めて説明することが必要になる局面もあるので、症例と使用するクスリ全般に関する幅広い知識が求められると考えておくべきです。

治療を続ける方に対しての配慮も必要で、外見的に症状が目立つような方はそれがコンプレックスになっている場合があります。そのような方に対しは少しの変化でも、治療に向かって効果が出ているということをしっかりと伝えて安心してもらう必要があり、その際のコミュニケーションに関しては最新の注意が必要です。特に女性の患者の方である場合は、症状が深いコンプレックス、ストレスになってしまっている場合があります。患部を目立たなくするケア、より早期に治療を実現できる対策など、症状に関わることについてとても真剣になっていることがほとんどですので、そのような相談に対してしっかりと応えられるように備えておくことが求められます。

皮膚科の人材の需要としては、幅広くクリニックとして展開されている分野でもあり、新人看護師でも内定を得る確率が高いです。クリニック系の場合は美容目的の方に展開している場合も多く、サービス面に注力している現場もあります。そのような場合はサービスマナーをしっかりと身につけることが求められますが、キャリアの早い段階でホスピタリティを磨くことができれば、以後クリニック系でキャリアを重ねることが有利になることは確実です。総合病院から個人クリニックまで、求人の幅が広いのも魅力です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★