? 眼科の新人看護師の転職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 眼科の新人看護師の転職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



眼科の新人看護師の転職

新人看護師にとって、眼科はなるべくならば避けたいフィールドだという意識を持つ方が多いのは事実です。理由は眼科での経験は他の診療科に繋がらないというもので、たくさん経験を重ねてスキルアップしたいと考えている新人看護師の方ほど眼科を避ける傾向にあるようです。将来に役に立つ経験を重ねたいと考えている方は、もっとさまざまな症例を取り扱う診療科を希望することが多く、理由の一つとして患者の方は眼に関わる部分以外は健常であることが多く、看護経験としてイメージしている状況が少ないのではないかという点が懸念として存在します。

ただ、看護師として潰しが利く経験という言葉やイメージに左右されてしまい、そこだけしか捉えていないのであれば、眼科にかかわらずどのような診療科で働いたとしても、その分野で本質的に求められていることを理解することなどできません。万人に対して有効な看護方法、治療方法などは存在せず、それぞれの症例に対して特化した形があるからこそ、各専門分野での診療が必要になっています。ですから、眼科は看護師として必要なスキルが得られないということはありませんし、そのような考えを抱いてもいけません。

眼は私たち人間が持つ感覚器官のなかでも最も酷使する部分であり、社会生活で必要な情報を得るために不可欠なものです。物理的な行動を左右する情報を得ていることもあり、眼になんらかのリスクを負った状態というのはその後の生活にとって不安を感じずにはいられない状況です。そのような患者の方に対してのケアは、病棟で治療している方に対してのメンタルケアと何も違いません。肉体が健康でも、眼にビハインドを負うだけでそれまでの生活が奪われてしまうことにもなるのです。それはただ視力が低下する状態でも同様です。それまで裸眼で生活できていたのに、視力補正を行わなければいけなくなるのは患者の方にとってはとてもショックなことです。メガネやコンタクト使用に対するアドバイスやコツなどは、患者の方のその後の生活を左右します。

電子機器がメインになっている現代社会では、視力低下に対しての診療機会がとても増えています。同時にレーシックなどの新しい治療法も登場していて、さらに進歩が見込まれますし、需要も増え続けます。そのような眼科での看護師としての経験が無駄になるわけがありませんし、個人開業のクリニックなどへのキャリアパスも考えられます。肉体的にも無理のない環境ですので、むしろ新人看護師にとっても有利なフィールドであると捉えるのが正しいです。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★