? 新人看護師の離職率 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 新人看護師の離職率

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



新人看護師の離職率

新人看護師として働く方が何らかの原因で離職する確率は10パーセントが平均値です。10人、新人として配属されれば、その中の1人は辞めてしまう計算になります。このようなデータがひとり歩きをして、看護師は厳しい仕事であるという認識だけが若い世代に浸透してしまっているのが現状です。ですが、それはその職場を離れたというだけで、看護師自体をやめてしまったわけではない事例も含んでいます。仕事内容や環境によって適性は違うのですから、自身がより適した環境を求めることは問題ないことです。

新人看護師の方が離職しやすい環境としては、一人当たりの受け持ち患者数が多いことが共通して挙げられます。まだまだ覚えたいことがたくさんある状況なのに、忙殺されてしまって学ぶ時間を確保することが出来なくなってしまう場合、その忙しい状況が辛いわけではなく、その状況から自身がミスをしてしまうのではないかという懸念が大きいです。自身の仕事内容をしっかりと先輩や上長に確認して欲しいと考えていても、それが叶わないなどといった状況が不安と不満に繋がり、離職に至るケースが多々あります。

これはミスが許されない医療の仕事ならではの現象であるといえます。忙しいことに苦痛を感じるのではなく、それを原因として発生する自身のミスで患者の方に迷惑をかけてしまうこと、治療にとって重大な問題に発展してしまうことが一番恐ろしいと感じます。そのような不安に対してうまくケアを行うことができている現場では自然と離職率が下がります。プロの看護師として仕事を進める上で、ミスに関しての不安が解消できる体制、覚えたいこと、わからないと感じていることに対して答えを提供してくれる体制があれば、しっかりと仕事を続けることができることが多いです。

10人に1人という離職率は、仕事が忙しくて大変な世界だということではなく、それだけ看護師という仕事が責任ある職務であるということを象徴しています。どのような仕事でもある程度多忙になりますし、楽な仕事ではないということは看護師を志した方であれば誰もがある程度理解していることです。だからこそ成長したい、疑問を解消したいと考える前向きな気持ちがあるのですが、そのような意志を上手く組織として汲み取ることができる職場を見つけたいものです。病院や現場単位で新人看護師の離職率データが参照できる場合、それはその環境がどれだけ人材が成長することに適した環境であるか、ということを示しているともいえます。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★