? 新人看護師の転職の自己PR | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 新人看護師の転職の自己PR

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



新人看護師の転職の自己PR

まだ新人看護師であるという自覚があるなかで転職活動を行う際にどうすればいいのか悩んでしまうのが自己PR欄です。新卒の場合は書類に学校で何を学んだかということに軽く触れ、その後は医療という世界でどのようなことを担当していきたいか、というような今後に関しての展望を記すことが多かったはずですが、転職において提出する書類はその頃のものとは少し意味合いが違います。看護師の転職の場合、履歴書などの書類は患者の方のカルテと同様で、自身のことを客観的に分解して、相手にしっかりと理解してもらうことを第一に考える必要があります。

まだまだ看護師としての経験が浅いと自覚しているとしても、あまり長くない期間であっても自分が学んできたこと、習得してきたことはあるはずです。それを自己PRとして確に次の雇用主に伝えることで、新しい環境でどのようなことを学ぶべきか、どのような研修、トレーニングを施すべきか、実務的にはどの程度戦力になるのかということを相手がしっかり掴むことができるようになります。スタッフの能力を正確に把握していることはマネジメントの大前提で、むしろ転職交渉中にそのような能力に関する質問や確認がない場合はその組織を疑ってかかるべきです。

一度でも現場でプロの看護師として働いたことがある場合、経験はどうあれ学生とはもう違います。新卒の頃に記したような気持ちを重視した自己PRは求められておらず、看護師という職業人としての力量、見識の程度を相手に示すことができるような内容を心がけるとスムーズです。最初の転職で躓いてしまう原因として、提出書類や面接を新卒の頃と同じと捉えてしまうことが挙げられます。プロとして働くフィールドを変える場合、人間性や仕事に対しての意志と同時に、至極リベラルな観点で看護師としての経験と能力が問われることになるということを理解しておくべきです。

大前提として捉えておきたいことは、誰かに仕事、働けるフィールドを提供することは組織の義務ではないということです。より適切な人材を確保して、組織全体で提供できる医療の質を上げたいという意志が採用活動の根本にあります。医療現場は学校ではないということは最初の配属で痛感しているはずですが、スタッフを抱えてマネジメントしていく側が欲しい情報はなんなのかということを考えると、どのような自己PRが好まれるのかということが自然に見えてくるはずです。得た経験を具体的に挙げ、さらに深く関わっていきたいという内容であればしっくりときます。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★