? 新人看護師の給料 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 新人看護師の給料

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



新人看護師の給料

看護師は資格職であり、同年代の一般社会人の初任給などと比べると比較的優遇されているとはいえ、収入に対して満足できないと感じている方も多いです。新卒で一般事務職として働く方の給与水準は、年収にして250万以下という水準であり、それと比較すると看護師は新任の状態でも300万円から350万円の給与得ることができるので、待遇的には恵まれているのです。ただ、それが実感として湧いてこない理由としては、額面の給与がある程度高くても所得税や住民税が高くなっているので、手取りに反映されないからということになります。

新人状態の看護師の手取り収入は20万円を切る場合が大半を占めています。稼げば稼ぐほど税金は高くなり、頑張った分がすべて自分自身に還元されるわけではないということは、社会人であれば誰もが痛感する世の中の仕組みです。これでも平均的な新人社会人よりも高い水準ですが、仕事の苛酷さと抱えた重圧に対して安すぎると感じている方が多いのは間違いありません。ただ、確実なことは看護師を辞めてしまうと、この水準の給与を得るためには、一から数年キャリアを重ねなければいけないということで、資格が特に必要ではなく、営業数字なども持たない一般職などにおいては、年収を上げようとすること自体難しいことになるということを覚えておく必要があります。

看護師として働いていると、仕事の内容に対して見合った収入ではないと感じることが多いですが、実際は高水準の仕事であるということに誇りを持つべきです。また、新人看護師であっても手取りベースで25万円以上の給料を獲得している方も全体の3分の1ほどは存在します。より良い条件で働くことができるフィールドを探すことで、年収を引き上げることは可能です。資格を持っている分、非常勤などで稼ぐこともできますし、一般的な企業人、サラリーマンとは出だしから違っているということを自覚すると、改めて看護師としてキャリアを重ねていこうという意志が湧いてきます。

勤務する病院の状況によっても仕事の大変さと収入に差が出てくることになります。総合病院などではかかったコストに対しての収入が低く、人件費が手厚くなることがなかなかないことがありますが、個人レベルで開業しているクリニックの中で成功しているところなどでは勤務環境と収入がとても良い上限に恵まれているケースもあります。看護師の収入は勤務する先の経営状況によっても左右されますので、より良いフィールドを選ぶということが収入アップの最大の近道です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★