? 新人看護師の円満退職 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 新人看護師の円満退職

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



新人看護師の円満退職

就職して日が浅い新人の看護師が、どうしてもその職場で仕事を続けることが自分のためにはならないと感じた場合、違うフィールドを求めて転職活動を行うということは正しい選択です。ただ普段は仕事が忙しくて忙殺されているという方は、まずはその環境から脱するために退職してから次のステップを模索するという段取りを考えた方が良い場合もあります。一般的に転職活動は次の仕事を決めてから、つまり内定を得てから退職交渉を始めるのが定石なのですが、看護師という資格を活かせば非常勤やアルバイトで食いつなぐということは可能ですので、まずはその職場から解放されることを考えることを優先しても大丈夫です。

退職したい場合は上司や先輩看護師にまずは打ち明けることになりますが、このときに注意したいのは一貫した理由をしっかりと持っておくことです。看護師という人材は資格を持った専門職であり、無尽蔵に人材を補充することができる仕事ではありません。高度な専門教育を受けた資格職なのです。だからこそ、こちらが辞めたいと言った時点からそれは困る、ということをさまざまな角度からこちらに伝えてくれることが多く、簡単に辞めることができない状況に追い込まれるケースが一番よくあるパターンになります。

その際にポイントになるのが離職したいと考えている本当の理由を伝えるか、それとも相手が止めることができないような理由を用意して、それを貫いてあらゆる引き止めを振り切るかどうかということです。自身が追い込まれてしまった理由を相談して、その環境でなにか改善されるのではないかと期待できる場合は本当の理由を伝えるのも間違いではありません。その場合は離職せずに済むかもしれず、先輩や上長と深く話す良い機会になり、その環境で頑張り続けることができるのであればそれにこしたことはありません。

自身の中で絶対に次のフィールドに移りたいと考えている場合は、あえて本音を隠して、どうしても人が納得するしかない理由を貫くのが一番です。もちろん申し訳ないという気持ちと、それを表した態度や言動は必要です。ただ、あまり遠慮していると退職の手続きを先延ばしにされることもありますので、いつまでは働けます、ということを明確にした上で、退職の手続きを進めることが必要です。突然行かなくなる、職務態度を変えるということは絶対にしてはいけません。誠意をもって、それでいて決めたことを曲げずに交渉していくことが円満退職のための一番大切なポイントになります。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★