? 新人看護師の転職の履歴書 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 新人看護師の転職の履歴書

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



新人看護師の転職の履歴書

履歴書は雇用してもらうための交渉時に絶対的に必要なものです。看護師にとっても例外ではありません。ある意味形骸化してしまっている書類ではありますが、ほとんどの組織で、どのようなスタッフを雇い入れるのであっても、しっかりと経歴などの身元をクリアにしておくことが必要だと捉えられています。その人材がどのような教育を受け、どのような仕事を経験し、どのような好みを持ったどのような人で、なぜここで働きたいのかということが記された履歴書を揃えておくのはどのような組織でも当たり前のように行っています。履歴書は絶対に手書きでなければいけないと定められている場合もあり、内容というよりもむしろ仕事を得るということに対しての覚悟と誠意を文字から読み取ろうとする場合まであるほどです。

新卒の看護師の場合の履歴書には学歴までしか記すことができませんでしたが、転職の場合にはその下に職歴を記すことになります。仕事を始めた年月と、すでに退職しているのであれば仕事を辞めた年月を記すことになります。退職の場合はどのような理由があったのだとしても、一身上の都合により、と記すことになります。細かい理由に関しては面接で聞かれることになりますので、履歴書では加味することはありません。健康状態の欄が設けられている場合は、基本的には良好と記せば問題ありません。

趣味などの欄に関しては仕事に関係があるのかどうかわからないと感じることもあるかもしれませんが、面接官がこちらと会話をする際の切り口として、基本情報として履歴書も用いますので、嘘を記してはいけません。ただあまり派手なことを記すのも良くないことです。クラブで遊ぶことが好きであっても、そこは音楽鑑賞と記し、どのような音楽が好きですかと尋ねられればそこも無難に答えるのが基本です。無駄な印象を相手に与えてしまうことは意味がなく、それが仕事と関係のないことであれば尚更です。

看護師として一人前になる前に、早期に以前の職場から離れたことに関しては、相手は問題と感じていませんので、その点を履歴書で必要以上に弁解する必要はありません。まがりなりにも医療の世界で働いている先輩が面接してくれることになりますので、理解はしてくれています。ただ理由に関して知りたがるのは、新しい環境では大丈夫だろうかと気になっているからです。また同じことになってしまっては、組織にとっても求職者本人にとってもあまり良いことではないと捉えているからです。ですから、履歴書には記さなくても、離職の理由に関してはしっかりと整理しておくことが大切です。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★