? 新人看護師でやめたい時 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 新人看護師でやめたい時

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



新人看護師でやめたい時

新人の看護師が、どうしてもその仕事を続けることができないと感じたとき、仕事に向かうのが苦痛で、出勤時に体調が崩れてしまうなどの症状を抱えてしまうほど思い詰めてしまっている場合、一度立ち止まって冷静に考えてみる必要があります。看護師自体向いていなかったと感じるのか、それとも今働いている環境が自分に合わないのか、冷静に思い返してみることが大切です。どうして辞めたいと考えているのか、感じたのかを自身で把握することで、次のキャリアをどのようにして選べばいいのかということがわかります。その際に注意したいのは、ただ誰かが悪い、何かが悪いということではなく、合うか合わないかの問題だということを意識することです。

自身が思い描いている理想の環境などそうそう見つかるものではありませんし、どのような職種、どのようなフィールドでも理想と現実のギャップはあります。何もかもが上手くいく仕事はありませんし、すべてが思うように整っている職場はありません。しっかりと理解しておきたいことは、職場に居心地を求めてはいけないということです。そう捉えた上で理想的な職場に出会えたのであれば、それはそれで幸運と捉えるべきで、本来は何かしら妥協しなければいけない部分があって当然ということになります。

特に看護師のように医療現場を職場にするのであれば、誰のための施設かということを考えれば明白になります。その医療が必要な方に対しての施設であり、環境であり、自分はその環境の一部、医療を求める方にとっては、自分自身も医療の一部になっているべきだということです。そのようなことを念頭に置いたうえで、冷静になってどうしてもその環境で仕事が続けられないと感じた場合、まずは資格を無駄にしない転職を考えることが大切になります。まだ経験が浅い新人だけれども、看護師自体を辞めてしまいたいと感じている方は、少し思い留まることが大切です。

医療は高度な教育を受け、資格がなければ携わることができない仕事です。看護師資格を取得して医療現場に踏み入れた時点から、自分はプロであるという認識が必要なのは明白で、簡単に代わりが見つかる仕事ではないということは事実になります。新しい看護師が誕生するまでにどれだけ長い時間がかかるか、身を以て知っているはずですし、フィールドを変えれば済む問題なのであれば、そうすることが最善です。せっかく踏み入れた医療という社会を支える仕事を諦めてしまうのはもっとも忌避すべき事態であるということを、しっかりと認識することは医療に関わる職業人として大切な意識になります。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★