? 新人看護師の教育・研修体制 | 新人看護師転職ガイド

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】 新人看護師の教育・研修体制

新人看護師転職ガイド【※アナタの悩みを転職で解決】

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる



新人看護師の教育・研修体制

看護師の資格を取得しているとはいえ、まだまだ覚えることも多く、一人前とはほど遠いと自覚するのは、新人看護師であれば誰もが共通しています。それを自然と自覚することもあれば、職場の上長や先輩から言われて気がつくこともあります。その意識は、実はずっと持ち続けることが大切なもので、仕事に馴れて慢心してしまうことが一番危険なことです。常に謙虚で、学ぶ姿勢を持ち続けることが、看護師としてスキルアップしていくためには重要なことです。

ただ、実務で間違いがあってはいけない仕事であることが確実な医療では、そのような新人看護師の学びたいという意識を満たすだけの研修体制、教育体制が整っていることが大切になります。習うよりも馴れろ、ということでは困るのです。知っておかなければできないこと、理解しておかなければ危険なことが沢山あります。実際の患者の方に対しての処置のひとつひとつがクリティカルな治療であるということを考えると、とりあえず、という意識や、わからないけれど、という状態は医療現場自体が崩壊しかねない危険な状態です。

それでは実際の医療現場すべてが満足いく研修体制を整えているかというと、なかなかそういうわけにもいきません。多く見られるのは研修自体が勤務時間から外されていて、休日に受けるようになっている場合です。そのような場合は余暇を削られることになり、なかなか休息することができません。そのように、勤務時間はすべて現場に出るしかないほど人的余裕がなく、無給で研修を受けなければいけない状況の看護師はとても多いです。

ただ、それがスタンダードではないということをしっかりと知っておくべきです。職場によっては、新人看護師でも勤務として研修を受けることができる環境も沢山あります。傾向としては個人開業のクリニックなどは余裕を持って仕事として研修に臨むことができる場合が多いです。個人開業の場合は医療の質、人材の質がそのまま経営に関わる重大な問題になっています。総合病院のようになくてはならない存在ではなく、美容外科など通常の治療の枠を超えたクリニックでは組織として新しい技術を貪欲に取り込む傾向が強いです。そのような環境で働くことができれば、仕事として知識を得ることができます。余暇を削って研修を受けるよりも吸収も早く、責任感を感じながら学ぶことができます。環境ひとつで学習効率も変わってくるということになりますから、勤務するところの研修体制、教育体制に関しては関心を持ってよく調べてみるべきです。

新人看護師転職ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★